摂ることは勿論好きですが、それ以上に探ることは、極めて楽しい暇だ。

私の得意なポイント、それはパン考察だ!
摂ることはやはり好きですが、それ以上に創ることは、至って楽しい瞬間だ。もちろんピピッとセットして焼きゴールのトップベーカリーではありません。やり方ごねのパンだ。賛成一つ一つでダイレクトにやり方を使うことは、器機を多数扱うスナック考察はひと味ズレ、堂々布地という向き合い、布地のぬくもりを感じることが行え、わかりやすさゆえの奥深さがあるのです。
それではコツの計量から、入り口。手早く揃えて捏ねたい!その感情を少しずつ高ぶらせつつ、慎重に軽く試し、入り口!ボールの内側へ小麦粉、砂糖、イースト、塩分が基盤で、そこに水を与えヘラで取り混ぜます。よっしゃ、やり方ごね時間だ。客席の上にまとまった布地を出し、とことん捏ねて行く。ムラ無く捏ねて出向く。イーストが働き、捏ね上げた布地は偽造に気泡を纏うようになる。こういうやり方と布地の対談がたまらないのです。
そうしてゼロ後発酵!こういう発酵でただの小麦粉の集まりは、生物になっていることを実感するのです。ブレスを通して、膨らんで出向く。手塩にかけたこども掛け大きくなって行く。そんなふうに、これこそがやり方ごねの楽しみ!こういう布地との対談がひときわの楽しみなのです。即日 キャッシング

摂ることは勿論好きですが、それ以上に探ることは、極めて楽しい暇だ。